2016年02月22日

「勉強すれば成績が伸びる、合格する」というのは大きな間違い

「勉強すれば成績が伸びる、合格する」というのは大きな間違いだということです。
この言葉に驚かれたかもしれませんが、そんなことを言っている私も、現役生の頃は、「勉強をすればするほど成績が伸びて、
必ず志望校に合格できる」と信じ、ただひたすら、毎日14時間以上、コーヒーを何杯も飲みながら夜の3時まで勉強していた時期がありました。

その頃は、受験勉強はとても辛く、毎日寝不足で、いつも死にたいと思っていました。

そこまで自分自身を追い込んで勉強しても、結局、成績は一年前とほとんど変わらず、本番では何も書けずに不合格となりました。

そんな経験から言えることは、「勉強すれば成績が伸びる」のではなく、「正しい勉強法、効率の良い勉強法で勉強すれば成績が伸びるのです。」

例えていうなら、間違った勉強法で何百時間勉強しても、あなたは間違った方向に進んでいるだけで、 どれだけ努力しても大学受験においては、合格というゴールにはたどり着けないのです。


医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット
posted by 受験勉強法 at 07:37 | 大学受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする