2016年02月22日

平均的な能力の受験生でも成績の上がる 実践的な勉強法

平均的な能力の受験生でも成績の上がる 実践的な勉強法
いつまで「もともと頭のいい人の
勉強法」をまねするのか

世間には、たくさんの勉強法についての本が出ていますが、
その著者の多くは、もともと優秀な人が多いように思います。

そもそも、頭のいい受験生は、集中力や記憶力が一般の受験生よりも異常なほど高いため、彼らが実行している勉強法は、平均的な能力の受験生にはまったく合わないことが多いのです。

それにも関わらず、もともと頭のいい人のアドバイスを受け入れてしまうと、その効果はないばかりか、かえって、あなたの成績を下げてしまう恐れがあるのです。

また、もともと頭の良い人が使う言葉に、「勘、センス、フィーリング」というものがありますが、それは、彼らが、もともと優秀なため、なぜ成績が伸びているのか、なぜ問題が解けるのか、ということを彼ら自身では意識できていないため、それらの言葉を使っているのです。

そんな「勘やセンス、フィーリング」などと言った言葉に惑わされてしまうと、一般的な受験生の場合、成績は問題の 相性によって大きく左右されてしまい、安定しなくなります。そんな状態では、試験本番でも、その年の問題によって成績が左右されてしまうため確実に合格を 狙うことは難しくなります。

そうならないためにも、あなたに必要なものは、
平均的な能力の受験生でも成績の上がる 実践的な勉強法なのです。

そして、それこそが、私が教えている大学受験の勉強法です。


医学部合格者が教える大学受験勉強法+センター試験高得点マニュアルセット
posted by 受験勉強法 at 07:41 | 平均的な能力の受験生の成績が上がる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする